icon_newWindow_01 icon_arrow_01_r icon_arrow_01_l icon_arrow_02_b icon_pageTop_01 icon_close_01 icon_search_01 icon_twitter_01 icon_facebook_01 icon_facebook_01 icon_youtube_01 icon_line_01 icon_arrow_down icon_link icon_error

月〜

※単月で探したい場合は、終わりも同じ年月を入力してください。

-

-

書籍形態

きいろいのは ちょうちょ

100かいだてのいえ

そらの100かいだてのいえ

画像を拡大する

100かいだてのいえ

そらの100かいだてのいえ

対象年齢 3歳から
ジャンル 絵本 > 日本の絵本
サイズ(判型) 22cm×31cm
ページ数 32
ISBN 978-4-03-332600-9
NDC 726
発売日 2017年8月

定価: 1,296

全国の書店、またはネット書店などでご購入ください。

内容紹介

ある寒い雪の日のこと。
おなかをすかせたシジュウカラのツピくんがみつけたのは、ひとつぶのひまわりのたねでした。「これじゃ、おなかいっぱいにはならないや……そうだ! はなをさかせて、たねをふやそう!」ツピくんは、植える場所を探しに、空へと飛びたちました。

大人気「100かいだてのいえ」シリーズ第4弾。今回の舞台は空のうえ!
天高くのびるいえにくらすのは、くもさん、あめさん、にじさん……今までとはちょっとちがう、素敵ななかまたちがツピくんをむかえます。

著者紹介

いわいとしお

1962年愛知県生まれ。筑波大学芸術専門学群在学中に第17回現代日本美術展大賞を最年少で受賞。国内外の多くの美術展に、観客が参加できるインタラクティブな作品を発表し、注目を集める。テレビ番組『ウゴウゴルーガ』、三鷹の森ジブリ美術館『トトロぴょんぴょん』『上昇海流』、音と光を奏でる楽器 『TENORI-ON』などを手がけ、現在は書籍やブログを通して親子の創造的な関係を精力的に発信している。おもな著書に『いわいさんちへようこそ!』『いわいさんのどっちが?絵本』『光のえんぴつ、時間のねんど』『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』などがある。

この著者の書籍一覧を見る

読者のおたより

にじのおひめさまが、だいすきです。オーロラもすきで、はじめてオーロラをみれてうれしかったです。あとオーロラのおひめさまがだいすきです。わたしはめをつむっているひとがすきです。それからこおりのけっしょうのおひめさまが、まつげとか、かがみもっているのがだいすきです。

(5歳)

100かいだてのいえシリーズは、すべて持っていて大好きな本です。展示会にも早速行ってきました。100かい上がったところに展示会場があると思っていた息子は拍子抜けしたようでしたが、それでも新しい「そらの100かいだてのいえ」に釘付けでした。ビリビリサラダがお気に入りです。

(4歳・ご家族より)

にじやオーロラがきれいで、つぎはだれがでてくるのかなと、どきどきしながら読んでおもしろかったです。

(8歳・ご家族より)

全部で4冊持っています! どれも絵がこまかくて、いろいろなところにおもしろさがあり、子どもと発見して教えあうのがとても楽しいです。ページをめくるときもわくわくします。お気に入りの絵本です!

(6歳・ご家族より)

くうきさんやにじさんやかみなりさんは、じっさいには、いないけど、オーロラさんやひかりさんの絵がそうぞうできてすごいなと思いました。とても絵がかわいかったです。ツピくんは、そらの100かいだてのいえにすんでいる人となかよくなっていたので、わたしもあってみたいです。

(8歳)

空の上にあんなのいるんだ。ひまわりが大きくさいて、よこにまげたらひまわりのたねがいっぱいでてくるのがびっくりした。

(8歳)

関連書籍

関連記事